二輪免許の種類

二輪免許の種類

バイクやスクーターなどの二輪免許を取得しようと二輪教習所をお探しの方は、免許の種類を知っておくことも大切です。こちらでは、二輪免許の種類をご紹介いたします。

原付免許
原付免許は、気軽にバイクを楽しむのに最適です。試験も学科だけなので、簡単に免許を取得することができるでしょう。50ccまでのバイクを運転することができ、16歳から取得可能です。

また、自動車の普通免許があれば原付バイクに乗ることができます。原付バイクの場合は、2人乗りと高速道路での走行が禁止されているので注意してください。

普通二輪免許(小型限定)・普通二輪免許(AT限定小型限定)
小型限定普通二輪免許は、125ccまでのバイクを運転することができます。
高速道路を走ることはできませんが、2人乗りは可能です。教習所で卒業検定に合格していると技能試験が免除されます。税金や保険も安いので、気軽に乗ることができるでしょう。

また、AT小型限定普通二輪免許は、125ccまでのスクーターなどのオートマ車限定の免許です。乗れるバイクに制限がありますが、より気軽にバイクを楽しむことができます。

普通二輪免許・普通二輪免許(AT限定)
普通二輪免許は、400ccまでのバイクに乗ることができます。
2人乗り可能で、126cc以上であれば高速道路も走れます。車種も多いため、マルチに楽しむことができるでしょう。

また、AT限定普通二輪免許は400ccまでのオートマのバイクを運転することが可能です。250ccまでは車検が必要なく、維持費が安くすむため、250cc以下と400cc以下の車両で二分化されています。

大型二輪免許・大型二輪免許(AT限定)
大型二輪車は、総排気量が400ccを超えるものを指します。18歳から取得することができ、2人乗りも高速道路を走ることも可能です。車格やパワーもあるため、普通二輪車で腕を磨いてからのステップアップがおすすめです。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281