運転免許証の3つの色

運転免許証の3つの色

自動車学校で普通車の免許取得を目指している方は、免許の色についてご存知ですか。運転免許証には、「グリーン」「ブルー」「ゴールド」の3つの免許証があります。こちらでは、その免許証の色についてご紹介いたします。

グリーン免許
初めて免許証を取得したときには、有効期限が記載されている部分がグリーンになっています。グリーンの免許証は初心者ドライバーの証となっており、運転免許取得から3年間(取得後3回目の誕生日の一ヶ月後まで)はグリーンのままです。

次回更新時にブルー免許となりますが、更新期限までに上位免許を取得した場合には3年間経過していなくてもブルー免許が交付されます。

ブルー免許
ブルー免許は、最初の更新以降に交付されます。運転者区分が「一般運転者・違反運転者・初回更新者」の3種類に分かれ、その条件によって有効期限が異なります。

原則としてブルー免許は3年間有効ですが、2002年に道路交通法が改正され、過去5年間に軽微な違反1回のみのドライバーはブルー免許でも有効期間が5年間に延長されることになっています。軽微な違反とは違反点数3点以下の違反のことで、駐車違反・シートベルト着用義務違反・信号無視・通行禁止違反などのことです。

ゴールド免許
ゴールド免許は、運転免許証の有効期間が満了する日の前の5年間、無事故・無違反の優良運転者の方に交付されます。また、更新前であっても大型自動車免許など、他の運転免許証を新たに取得したときにゴールド免許の条件を満たしていれば、ゴールド免許になります。

ゴールド免許になると、有効期間は一律5年間となり、リスク細分型の自動車保険で保険料の割引を受けられるなどの様々なメリットがあります。しかし、更新時にゴールド免許になっても、事故・違反などを起こせば次回更新時にはゴールド免許ではなくブルー免許になります。


■ 世田谷で免許更新の講習を受けるなら

世田谷にある【上北沢自動車学校】では、70歳以上の方を対象に、免許更新時の講習を行っております。道路交通法では、70歳以上の方は「高齢運転者」となり、免許を更新する際に講習を受けていただく必要がございます。
【上北沢自動車学校】では、平日の午前と午後の2回行っておりますので、世田谷で免許更新の講習を受講される際はご予約ください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281