免許取得までの効率のいい教習の進め方

効率よく教習を進めて免許取得を目指そう!

ドライビングスクールで受けるものには主に学科教習と技能教習があります。それぞれ、一日に受けられる時限数や時間割は決まっています。
そこで今回は、効率よく教習を進めるコツをご紹介したいと思います。


■教習時間

教習の1時限の時間は、50分です。一般的に学科教習は、月ごとにどの項目をどの時間にやるのか、時間割が決まっています。
多くのドライビングスクールでは、それを参考に自分で予約をしなければいけません。技能教習に関しては、一日に受けられる時限数が決まっていて、最大で2時限という決まりがあります。
教習を効率よく進めていくためにはこれらについてしっかり考えておく必要があります。


■効率よく進めるためのコツ

「学科は受けられるときにどんどん受ける」
上北沢自動車学校の学科教習は普通免許の場合、第一段階9時限、第二段階16時限受講する必要があります。一月毎に時間割が決まっていることもあり、受講者数が満員でなかなか受けられないことも少なくありません。
そのため、より早く教習を終えたい場合は受講できるときにどんどん学科教習を受けておくようにしましょう。

「技能教習はコツコツと進める」
上北沢自動車学校の技能教習は普通免許の場合、第一・第二段階合わせてATの場合は最短31時限、MTの場合は34時限受講する必要があります。一日に受講できる時限数が2時限と決まっているため、こまめに進めていくことをおすすめします。

「予習・復習をしっかり行う」
ドライビングスクールでは効果測定、修了検定、卒業検定といった試験があります。それぞれの試験でつまずいてしまうと、いつまでたっても先へ進めません。なるべくつまずかないようにしっかりと予習・復習を行うようにしましょう。

これらの点に注意して効率よく進めていきましょう。


■免許取得後

ドライビングスクールに通って、何とか免許取得できたけど、教習の間隔が空きすぎてその場しのぎになってあまり身につかなかったり、免許取得後に運転する機会が少なく、運転感覚や学んだことを忘れてしまったりという方も多いと思います。
そのような場合は、ドライビングスクールの講習を受けることをおすすめします。例として、上北沢自動車学校では以下のような講習を行っています。

◆高齢者講習
70歳以上の人が免許を更新する際に受講する講習です。平日の午前と午後の2回開催しています。
※予約が必要です。

◆取得時講習
試験場で免許を取得した人が免許の交付前に受講しなくてはならない講習です。
※予約が必要です。

◆初心運転者講習
交通違反などで講習が必要になった方のための講習で、普通二輪と原付のみ講習を行っています。
※予約が必要です。

◆ペーパードライバー教習
免許は持っているが、しばらく乗っておらず不安な方向けの講習。

ドライビングスクールによってこのような講習を行っていますので、運転が不安な方はぜひ該当の講習を活用するのがおすすめです。


東京でドライビングスクールをお探しなら、上北沢自動車学校をご検討ください。効率よく教習を進めるためには、通いやすさもポイントです。遠方では通うのに時間がかかってしまいますし、通うのが億劫になってしまうこともあるでしょう。
上北沢自動車学校は、東京の主要エリアからアクセスしやすい世田谷区にあります。最寄り駅からは無料の送迎バスも運行していますので、雨の日もアクセスが簡単です。

また、短期で取得を目指せるコースもご用意しているため、すこしでも早く免許取得を目指したい方もご利用いただけます。東京で運転免許の取得をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281