ペーパードライバーを克服するために教習所へ行こう!

ペーパードライバーを克服するために教習所へ行こう!車庫入れや高速も怖くない

しばらく車を運転していないと、いざハンドルを握ったときに恐怖心にかられたり、事故を起こしたらどうしようといった不安感に襲われたりしてしまいます。結局運転ができないまま何年も経ってしまった…という方も少なくないでしょう。これを克服するためには、練習しかありません。車の運転は、何といっても「慣れ」なのです。最初は怖くても、慣れれば一般道でも高速でも恐れずに運転ができるようになります。

一度ペーパードライバーになってしまうとなかなか克服するタイミングがなく、さらに運転から遠のいてしまいがちです。こちらでは、ペーパードライバーを克服するためのポイントを紹介します。


■ペーパードライバーを克服するためのポイント「ゴールを決める」
まずはペーパードライバー克服のゴールを決めましょう。

例えば、次のようなゴールです。

・車庫入れ・駐車ができるようになる
・家から近所のスーパーまで車で行けるようになる
・夜の首都高を一人でドライブできるようになる
・高速に乗れるようになる

これらの目標を達成するのに必要な運転レベルは異なります。ゴールを定めずにただ毎日運転の練習をしていても、夜の首都高や高速を走ることはできません。前に進む運転だけなら誰でもできますが、車庫入れや狭い駐車場に駐車をするには、車幅を把握してバックをしなければいけませんし、ハンドルをきる角度も考えなければいけないのです。

ハンドルをきる角度やスピードを間違えば、他の車に接触する可能性もあります。そうなるとさらに恐怖心が湧き、運転ができなくなってしまうという悪循環に。そうならないためにも、こういった目標を一つ一つ達成できるように練習することが大切です。

目標を達成すると、自信にもつながります。目標は簡単なことからはじめ、徐々に難しくしていきましょう。

恐怖を克服するコツはこちらもチェック


■ペーパードライバーを克服するためのポイント「運転が上手な人を助手席に乗せる」
いざペーパードライバーを克服しようと思っても、いきなり一人で運転するのはハードルが高いですし怖いものです。

もし、自力で運転練習をする場合は、助手席に誰か座っていてもらうと安心感が違います。普段から運転する頻度が高い人が助手席にいるだけで、安心感があるでしょう。

また、自分の悪いところについてアドバイスをもらったりもできるので、近くに運転する人がいる場合は一緒に乗ってもらうのもおすすめです。

特に運転に慣れていない人にありがちな「道のどちらかに寄りすぎた運転」などは、1人だとなかなか気づけないため、客観的な視点で見てくれる助手席パートナーは重要な存在です。

また、いくら助手席に運転に慣れた人が乗っていたとしても、いきなり交通量の多い道路に出るのは危険です。そんな時はまずは運転できる人に郊外まで運転してもらい、道幅の広い田舎道で練習しましょう。

郊外には広い駐車場が多くあり、車庫入れの練習もしやすいので便利です。練習をするなら、車通りが少ない道や、道が空いている時間帯がおすすめです。


■ペーパードライバーを克服するためのポイント「プロの講習を受ける」
運転席に座るのが怖いというペーパードライバーの方は、思い切ってプロのペーパードライバー教習を受けてみるのがいいかもしれません。ペーパードライバー教習では受講者の運転レベルをプロの教習官が見極め、最適なレッスンを受けることができます。

やる気さえあればペーパードライバーを自力で克服することは不可能ではありませんが、なかなかモチベーションの持続が難しいのもまた事実。運転が上手な方に教えてもらうという手もありますが、教えるプロではありません。そんな時は、「教えるプロ」に教わること、つまり教習所に行って教えてもらうのが一番です。

教習所では、運転のコツを優しく丁寧に教えます。なにより「お金を払ってプロの教習官に教えてもらっている」という意識そのものが自信につながるので、講習を受けたほうが運転も早く上達します。「なにがなんでもペーパードライバーを克服したい」という方は、ペーパードライバー教習をご検討ください。


■東京の教習所でペーパードライバー教習を受けるなら上北沢自動車学校へ
東京の教習所でペーパードライバー教習を受けようとお考えの方は、上北沢自動車学校をご利用ください。MT・ATのどちらにも対応しています。貸しコースと練習車の貸し出しも行っており、主に教習終了後の夜の時間帯となりますが、年末年始を除き年中無休で営業しています。

他の車を気にすることなく車庫入れや縦列駐車などを練習していただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。