学科試験合格のポイント

学科試験合格のポイント

自動車教習所に通っている方は、試験合格に向けて勉強に励んでいるでしょう。
そんな試験の中でも、学科試験に不安を感じている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、学科試験合格のポイントをご紹介していますので、ぜひご参考ください。

学科試験の合格点とは
学科試験は2回あり、最初は仮免許証取得の試験です。仮免許証取得の学科試験は、50問中45問正解で合格となります。

全て二択問題で、制限時間は30分です。また、本試験には90問の二択問題と5問の危険予想問題があり、100点満点中90点以上で合格となります。

制限時間は50分で、一問40秒程度の速さで答えなければ間に合いません。そのため、問題に慣れておくことが大切です。

言い回しに慣れておく
学科試験の問題分の中には、分かりづらい表現が出てくる場合も多々あります。
そのため、言葉の意味を理解して正しく解答するにはその独特の言い回しに慣れておくことがとても大切なのです。

例えば、暗順応や明順応の違いや減速と徐行の違いなどです。こういった似たような言葉の言い回しを変えることで間違いを誘う問題が多いので、注意しましょう。
試験問題に慣れておくためには、過去問を解くことが大切です。過去問を何度も解くことで、次第に独特の言い回しに慣れてきます。

引っ掛け問題に注意
学科試験では、引っ掛け問題にも注意が必要です。
特に数字が絡む問題では、「以下・以上」「~を超える・未満」などの表現が出てきます。「以下・以上」の場合は前の数字も入り、「~を超える・未満」の場合は前の数字は入りません。

こういった引っ掛け問題はとても多いので、注意しましょう。引っ掛け問題は決まったようなものしか出てこないので、練習でチェックしておけば迷わずにスラスラ解くことができます。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281