日本が左側通行である理由

日本が左側通行である理由

日本では、車やバイクは道路の左側を走らなければなりません。なぜ左側通行になったのでしょうか。

利き手と対面通行の関係
人間の心臓は左側にあり、心臓を守る際本能で右手を使います。
このため人類の9割程度が右利きで、左利きが多い民族は存在しないとも言われています。危険な環境下だった中世以前の旅路では、一般市民も自分自身を守るために武器を所持していました。

右利きであれば右側に空間を取るのが合理的で、敵を迎え撃つ際右手に武器を持ち、敵を右側に回した方が良い有利という点で、昔は世界的に左側通行が原則だったようです。

日本の左側通行のきっかけ
日本の左側通行は、武士が刀を携帯して歩いていた時代まで遡ります。
日本人も右利きが多く、刀を抜く際右手で抜きやすいよう左の腰に刀を差しており、右側を歩くと刀のサヤがぶつかってトラブルになりかねませんでした。不必要なトラブルを避けるため、左側通行にしたと言われています。

また交通ルールを作る際、イギリスを手本にしていたという説があります。日本の鉄道は、イギリスの指導のもと計画が進められました。明治時代に政府が交通法規を決める際、イギリスの法規を元にしたことで左側通行が定着していきました。

世界で右側通行が多い理由
世界各国で右側通行の国が多いのは、ナポレオンが左利きであった、戦術のために右側通行を取り入れたなど、フランス軍人のナポレオンが関係していると言われています。ナポレオンに征服された国は、フランスの法規に従い右側通行が取り入れられていきます。

現在でも左側通行の国は、ナポレオンに征服されなかったイギリスとイギリスの植民地だった国、地域であることが多く、日本もフランスの支配がない国の一つであり、鉄道のはじまりがイギリス指導だったことで左側通行となりました。

対面通行のルールは、利き手との関係や歴史的背景が深く関係していることが分かっていただけたのではないでしょうか。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281