車道を走る自転車に気をつけよう

車道を走る自転車に気をつけよう

普通車や二輪車をはじめ、教習所によって中型一種やけん引、大型特殊自動車など、様々な車両の運転免許を取得することができます。道路を走るのは、車やバイクだけではありません。自転車にも気をつける必要があります。

自転車に関する道路交通法改正
免許が必要ない自転車は、老若男女関係なく多くの方が利用します。
傘をさしたりイヤホンで音楽を聴いたりするのは危険で、そもそも軽車両という位置づけなので指定された場所以外は車道を走らなければなりませんが、交通ルールを守らないマナーの悪い乗り方をする方をよく見かけたと思います。

こうした危険な運転をする自転車の取り締まりを強化するため、2015年6月1日に道路交通法の一部が改正されました。これにより、14歳以上を対象に信号無視や指定場所一時不停止等、遮断踏切立ち入りなど、危険行為が14項目制定されました。

3年以内に2回以上違反すると自転車運転車講習を受ける必要があり、講習は3時間程度で受講料は5700円、受講命令に従わなかった場合5万円以下の罰金が科せられます。

自転車も車の仲間
道交法改正で、改めて自転車も車の仲間であるという認識が深まっています。
自転車専用レーンがなければ車道を走らなければならず、改正後は車道を走る自転車も増えました。

日本では自転車専用レーンの整備がまだまだ不十分で、車道を走っている自転車は、車やバイクを運転する方にとって危なっかしいと感じることもあると思います。

不慣れな車道での自転車の運転は確かに不安を感じてしまうものですが、これまで見て見ぬふりされていたような自転車運転のマナーが見直され、ルールを守って自転車を利用する方が増えているということでもあります。

自転車も信号や標識を守り安全運転をする義務があり、車やバイクが焦らせたり急かしたりクラクションを鳴らしたりするべきではありません。

自転車には自転車独自の交通ルールもありますし、道路を利用する際はあらゆる交通ルールに関する知識を深め、安全運転に務めることが大切です。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281