車のエネルギー源や動力源

車のエネルギー源や動力源

今ではエコカーが増え、エネルギー源、動力源ともに様々なタイプの車が研究、開発、販売されています。

エコカーのエネルギー源や動力源
エコカーのエネルギー源にはガソリンやディーゼルといった化石燃料、水素、電気などがあり、動力源にはエンジンまたはモーター、さらにその2つを使うハイブリッドが挙げられます。

エコカーのエネルギー源と動力源の組み合わせは、電気自動車が電気とモーター、燃料電池車が水素とモーター、水素自動車が水素とエンジン、ハイブリッド車がガソリンまたは電気にエンジンとモーターです。同じエコカーでも、エネルギー源と動力源によって燃費も大きく変わります。

日本に多いガソリンエンジン車
日本では、ガソリンエンジン車に乗る方が多くいらっしゃいます。レギュラーガソリンやハイオクガソリンで動くエンジンの研究や開発が進み、既存のガソリン車のエンジン技術を高め、ハイブリッド車と同等の燃費を実現した第三のエコカーが登場しました。

特に軽自動車が注目され、現在の軽自動車は燃費が良いのはもちろん、デザインや車内インテリアにも各メーカーのこだわりが見られ、税金や保険など維持費の面でもコストパフォーマンスに優れています。

注目されるクリーンディーゼル
有害物質の排出などから好まれなくなったディーゼル車が今、技術躍進とともに改めて注目を集めています。ディーゼルで排出される有害物質を後処理装置なしで環境基準を満たすレベルまで低減させ、ディーゼルのパワーと経済性、環境性能を兼ね備えたのがクリーンディーゼル車です。

車体価格は同じクラスのガソリン車よりやや高いものの、ハイブリッド車並みの燃費、税優遇の対象、軽油で燃料費の低減など、以前のディーゼル車、今のガソリン車と比べてもメリットはとても多いと言えます。

エネルギー源と動力源について知ることで、車の選び方も変わってくるのではないでしょうか。免許を取得し、実際に車を選ぶ際にはぜひ参考にしてみてください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-3303-3281